趣味で引け目を感じてしまう…

わたしはカーマニアで、乗っている車はスポーツタイプの2シーターという実用性度外視の完全に趣味の車です。

「お金がかかるでしょう」とよく言われますが、最近の車はよくできているもので、そうそう故障もしませんし、わたしは長距離を運転することもあまりないので、維持するだけなら大したことはないのです。

しかし、やはりこうした車はカスタマイズが楽しいもの。

各社からいろんなパーツが販売されていますが、見た目のかっこいいもの、性能のいいものを選ぼうとすると途端に値段がはね上がります。

わたしにはとても手が出ず、何もしなくても乗っていて楽しい、いい車だから、とノーマルで乗っていました。

この間、同じ車の愛好家たちが集まるイベントに参加してきたのですが、みなさんのご自慢のドレスアップやカスタマイズを目にするにつけ、やはり「ああ、いいなあ…お金があればなあ」と思ってしまいました。

また、そういうイベントでよく話題になるのは、「セカンドカーとして何に乗っているか」ということ。
わたしが、「セカンドカーは持ってないんですよ」と話すと、みなさんビックリされます。

「よく我慢してるねえ」と言われてしまいました…。

自分では特に我慢していると感じたことはないのですが、2台の車を維持するだけのお金がないがために、知らず知らずのうちに不便をこうむっているのかもしれません。

思えば確かに、大きなものを買った時は、もったいないなあと思いながらも必ずお金を出して配送してもらっていました。

お世辞にもお金がある方とは言えないわたしには、やっぱり身の丈に合わない過ぎた趣味なのかな…と、楽しいはずのイベントで落ち込んでしまったのでした。

かといって借金してまでして、2台目の車を買う訳にもいかないし、これ以上車にお金をかけるわけにはいきません。

仮に借りたとしてもお金を返せる自信もありませんし。もし返せなかったら…≪お金が返せない※借金で困ったら弁護士・司法書士に相談しよう

さすがに、借金するわけにはいきませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>