突然必要になる、冠婚葬祭の出費

やはり、ちょうどお金がない時に冠婚葬祭で出費があったときは、本当に借りに行かないといけないかなと思ったことは何度かあります。

結婚して間もないころで、あまりお金の使い方がまだわかっていなかったころに、もうあと一週間ほどで給料が入るからいいかなと、お金をほぼ全部使ってしまっていた時がありました。

さらに、車の免許を持っていなかった私は、その頃から教習所に通うようになり、ある程度の費用が必要だったため、貯金を切り崩しながら通っていました。
今なら、免許ローンというのがあるみたいで、借りることもできるみたいですね。
なので、その頃はほとんどお金に余裕の無い生活を送っていました。

そこへ、降ってわいた親族のお葬式。
しかも、近しい親族だったので結構な出費になりましたが、手持ちがなく(かといって銀行にも残高が無く)、ものすごく焦ったのを良く覚えています。

冠婚葬祭費といっても、結婚式だったら数か月前には最低でも分かるのでそれなりに節約したりして用意できるのですが、お葬式は当たり前ですが本当に突然なものなので慌てるばかりでした。

そして、何といっても近い親族だったので、こちらがお手伝いをしないといけないことも多く、亡くなったと知らせが入ってから、ほとんど自分で動ける時間は無く、すぐに親族の家で手伝いに貼り付けになりました。

だから、たとえば消費者金融等でお金を工面したいと思っても、元々取引がありカードを持っているとかなら別ですが、そうじゃない場合、新規申し込みに店に行って・・・としている時間は全くなかったのです。

その時初めて、普段からちゃんと貯蓄をある程度はしておかないといけないんだなぁと深く思いました。

その時は、結局子どもへのお祝い金として戴いたお金を使ってしのぐ形になり、本当に情けない気持ちになりました。

それから7年程経過しますが、今ではさすがにそのような無茶なお金の使い方をすることは無くなり、自宅には防犯面も考えて大金はストックしていませんが、銀行にはある程度のお金を置くようになりました。

あの時は、かなり焦りましたが、それも今となったらいい勉強だったと思っています。

お葬式だけでなく、家族(特に子供)が急に体調不良や、怪我などで入院でもすれば思わぬ出費があるでしょう。

たとえ保険に入っていたとしても先に払っておいて、後からの支払いになるので、まずはこちらが立て替えるという形で払うことになります。
普段から、ある程度置いておかなければ困るなぁと改めて思っています。

旅行後の生活費を切り詰める工夫

私は専業主婦で、夫は普通のサラリーマンです。
子供もいますのである一定の金額の支出は毎月必ずあります。普段はそんなにたくさん使う方ではないのですが、主人が個人経営のために収入が不安定です。

子供が風邪をひいたり主人自体が体調悪かったり店の内装の工事、祝日が多い月などは収入がガクッと減ります。
特に祝日が多い月は主人の仕事の時間が減ると同時に、家族で出掛けることが多いので支出は多くなります。年に1回家族で海外旅行に行くことを目標にしており、祝日の多い月に出掛ける事になります。祝日ですので他のお客さんも多い中旅行費も割高になっていますが家族皆楽しみにしている行事です。

行き先はほぼアジアなのでそんなに旅行先ではお金が減ることもありませんが、なんといっても飛行機代、ホテル代は高く付きます。
一年に一度決まった時期に行くことを予定していますので、それまでに生活を切り詰めてお金を貯めています。
それでもその月の支出の割に収入が少なくなるので、帰国後はお金に困った状態になります。そんな時期に知り合いの出産や結婚などが被った日はかなり困窮せざるを得ません。帰国後2ヶ月くらいはかなり生活を切り詰めることになります。

生活費の削減の為に保育所に迎えに行って家事がひと段落した頃にスーパーに行きます。時間にして19時くらいになるので商品によっては割引真っ只中になります。ご飯を作る時間がないときや朝、下ごしらえができずに出勤したときはスーパーの出来上がっているものを購入し、そこにサラダをトッピングしたりして時間とお金の削減をしています。

旅行の後の休みの日にはあまり遠出をしません。遊園地に行ったりデパートで買い物したりする休日の過ごし方もありますが、旅行後の休日は専ら公園か近くの大型スーパー、市が運営している児童館などに行きます。
ほぼ無料で過ごせるのでそこで休みの日を過ごします。

デパートに行くと大体夕飯はデパ地下の惣菜になってしまうので、もう少しお金にゆとりが出てからの遊び場ににしています。大型のスーパーでは子供が遊ぶ場所もあるのでそこで過ごしたりもします。おやつもスーパーのアイスを広場で食べて過ごす事があります。少し雰囲気が変わるようで安いものでも子供は喜んで食べています。

それでも生活費に困った時には銀行のカードローンを使っています。(専業主婦ローン)大手の銀行さんなので安心です。毎月借りるのはクセになってしうので、旅行後の本当に大変な時だけと決めています。

満足してはいませんがましです

満足はしていませんが、不満はありません。

毎月の給料があるだけでありがたいです。

もっと、若いころの方が苦しかったです。月、20万円しか入らないことがありました。社宅に住んでいたので、住居費が天引きされていました。少ない時には、18万円という時もありました。主人が38歳ごろのことです。

その頃は、生活費が足りず、借金をして生活をしないといけないときもありました。

それに比べると、はるかに今の方がましな給料です。
払いの方が困っています。社会保障が高いです。税金、健康保険、年金と、払う額が高額です。それに比べると、はいってくるお金は少ないです。デフレだったからそう感じるのでしょうか。
いくらお金をいただいても、子供も成長してくるので、使う額が変化してきます。給料も上がることはありません。主婦の私も稼がなくては対処できなくなってきました。年功序列型の給与は、子育てするうえでは必要でした。うちは、成果主義なので、子供が小さかろうが、大きかろうが成果によっていただけるものが違います。
チャレンジする力もない主人なので、サラリーはこの程度でも仕方がないと考えます。生活をどう切り盛りしていくか考えながら生活しています。そうでもしないと、生きてはいけません。
ふだんから、夫婦二人ともタバコも吸わないので、なんとかなっているのかもしれません。タバコの費用は高くつきます。
給料もさることながら、住宅ローンの比重が高くその支払いもつらいです。給料があれば何とか、貯金を崩しながら生きていけそうです。住宅の費用が高く、給料に文句を言うよりも、固定資産税といった必要不可欠な支出が問題です。
年も取ったので、これ以上の給料アップはないでしょう。仕方がありません。時代がころころ変わりついていけなくなっています。

 

趣味で引け目を感じてしまう…

わたしはカーマニアで、乗っている車はスポーツタイプの2シーターという実用性度外視の完全に趣味の車です。

「お金がかかるでしょう」とよく言われますが、最近の車はよくできているもので、そうそう故障もしませんし、わたしは長距離を運転することもあまりないので、維持するだけなら大したことはないのです。

しかし、やはりこうした車はカスタマイズが楽しいもの。

各社からいろんなパーツが販売されていますが、見た目のかっこいいもの、性能のいいものを選ぼうとすると途端に値段がはね上がります。

わたしにはとても手が出ず、何もしなくても乗っていて楽しい、いい車だから、とノーマルで乗っていました。

この間、同じ車の愛好家たちが集まるイベントに参加してきたのですが、みなさんのご自慢のドレスアップやカスタマイズを目にするにつけ、やはり「ああ、いいなあ…お金があればなあ」と思ってしまいました。

また、そういうイベントでよく話題になるのは、「セカンドカーとして何に乗っているか」ということ。
わたしが、「セカンドカーは持ってないんですよ」と話すと、みなさんビックリされます。

「よく我慢してるねえ」と言われてしまいました…。

自分では特に我慢していると感じたことはないのですが、2台の車を維持するだけのお金がないがために、知らず知らずのうちに不便をこうむっているのかもしれません。

思えば確かに、大きなものを買った時は、もったいないなあと思いながらも必ずお金を出して配送してもらっていました。

お世辞にもお金がある方とは言えないわたしには、やっぱり身の丈に合わない過ぎた趣味なのかな…と、楽しいはずのイベントで落ち込んでしまったのでした。

かといって借金してまでして、2台目の車を買う訳にもいかないし、これ以上車にお金をかけるわけにはいきません。

仮に借りたとしてもお金を返せる自信もありませんし。もし返せなかったら…≪お金が返せない※借金で困ったら弁護士・司法書士に相談しよう

さすがに、借金するわけにはいきませんね。

夫の借金発覚。債務整理がしたい。

過払い金請求、債務整理をされた方いらっしゃいませんか?
主人に借金があり、分かる範囲で7年程返済をしているようです。キャッシング、ショッピングリボどちらもあるようで、あと2年程かかるようで…

学生の時に借金をしまくったせいで・・・

借金をした理由っていうのが、買い物、飲み会、サークル費など何も我慢せずにやりたいことをやりたい放題やっていたんでしょうね・・・

もし闇金とかだったらいけないと思いどういったところが学生に貸してくれるのか一応調べてみたらこんなところがありました・・・・学生の借り入れ特集※大学生の方でも借入することができるローン会社

仕送りもあって、バイトもしていたのにちょっとは考えてお金を使うことをなぜしなかったのか、結婚前になぜ行ってくれなかったのかとその時はものすごい怒りと悲しみとこれからどうしたらいいのかっていうのでものすごく不安定な時期を過ごしていました。
CMでよく見る過払い金請求、債務整理というものができるならば少しでも状況が改善されるのかなと思っているのですが、メリット、デメリットなどお話を聞けたらと思っています。
よろしくお願いしますm(_ _)m

少しでも利息とか無駄なく返済して早くに完済してしまいたいと思います・・・・これから先が思いやられることばかりですね((+_+))

大きな農場を持ちたい。

私の夢は大きな農場を持つことです。農家の生まれなのでそういうのに強制的に触れて来たと言うのもありますが、徐々にそれは私の夢になってきました。

牧場ではなく農場です。今の農業は結構無駄な部分なんかもあるし、やりたい事が出来なかったりもします。でも大きな所であれば、全部ではありませんが出来ることも増えます。

初めは農場を持つには、お金がそれなりにあれば安い所ならイケるかも、なんて思っていましたが、色々と調べて見るとそんなに甘くありません。まぁ簡単だとみんな持っているんだろうなぁと思いましたので、妙に納得しましたが。

出来る限りの事はやっていこうと思います。お金の量の問題は勿論ですが、その扱い方だったり、稼ぎ方も重要になります。農場を手に入れるのも大変ですが、その後も楽なんてはずもありません。

じゃあどこでやるのかなんてのも問題です。誰のモノでも無い場所なんて現代にはありませんから、売って貰ったり借りたりしないといけません。
少しづつですが同業の知り合いを増やし、可能性を上げていきます。意外と農業はネットワークを必要としているので、出会う機会があればそれなりに知り合いになれます。良い人は多い気がしますから助かっていますね。

そもそもの話、私の能力はどうなの?と良く思います。こればかりは裏技とかが無いので、地道に上げていくしかないですが、その他の事も含めて地道にやって行こうと思います。まだ若いですしね。出来るだけ早くとも思ってますが、焦ると良いことが無いのは性格上知ってますから、ゆっくり行きますね。

自営業をはじめる際に消費者金融を利用して始める人もいるようです。そんな話を聞いたことがあります。

自営業消費者金融※自営業者もお金を借りられるローン会社

何かを始めるときって必ず資金っていうのは必要になりますよね??その資金を貯めてから始めるのか、お金を借りてから始めるのか・・・

それは人ぞれぞれの考え方があると思うのでどちらがいいとかは言えませんが、借金が膨れるようなことがないようにだけはしようと思います。

 

銀行のカードローン

専業主婦は収入がないのでお金を借りることが出来ない。。。

そう思っている方は多くいると思いますが、実際は専業主婦の方でも借入する事は可能となっています。

銀行のカードローンであれば、専業主婦の方でも利用する事が出来るので、お金に困った時は銀行のカードローンを利用すればいいでしょう。

ただ、借りすぎには注意しましょうね。